trove

083-920-7080

Blog

Blog

SHOEMAKER STOOL

1930年にデザインされたスツールです。

最初は、平らな座面の乳搾り用のスツールとして作られ、後年、靴職人が座り心地をよくする為にお尻の形状に合わせて座面を削ったことがきっかけで現在の形になりました。これが「シューメーカーチェア」という呼び名の由来です。

その後1970年代初頭にワーナー社の現在のオーナーである、Werner(ワーナー)氏がハンドメイドによる製作をスタートさせ、今日に至っています。

長く同じ姿勢で作業をする靴職人の為に、改良を重ねて出来上がったのが、このスツール。

座面はお尻の形になっていて長時間座っていても疲れにくく、3本脚なのでがたつきにくい設計です。

高さのバリエーションも

No.27 W350×D240×H290・SH270mm

No.42 W460×D360×H420・SH390mm

No.49 W530×D400×H490・SH460mm

No.59 W590×D450×H590・SH560mm

No.69 W610×D460×H690・SH660mm

と幅広くございますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

住所:〒753-0815 山口県山口市維新公園3丁目6-50
営業時間:10:00〜18:00 定休日:月曜

083-920-7080 Contact form